ハーブ | ロサンゼルスから直送!高品質と低価格を両立できるアメリカのサプリメント専門店

ハーブの働きとサプリメント一覧

ハーブは風味や香りが良い植物のこと。中国では漢方としてヨーロッパではアロマテラピーとして取り入れられています。またハーブと一言に言ってもその種類は豊富で、ジャスミンやセロリ、ダンデライオンなど様々あります。
ハーブの働きについてもっと見る↓
平均3.8点
平均3.8点(30件)

フェヌグリーク(コロハ)

100粒(カプセル)

クレオパトラ愛用のハーブ。グラマーもダイエットも応援♪

920円
平均4.3点
平均4.3点(7件)

レバーケア(Liv.52)

90粒(ベジタリアンカプセル)

インドのアーユル・ベーダで「肝」を守る!

2,710円
平均4点
平均4点(35件)

レッドクローバー 400mg

100粒(カプセル)

期待に胸ふくらむ♪女性にうれしいハーブをギュギュッとカプセルに

820円
平均4.1点
平均4.1点(8件)

センテラ(ゴツコーラ)

100粒(カプセル)

冷えでお悩みの方に

950円
平均3.1点
平均3.1点(15件)

カイエン(トウガラシ) 450mg

100粒(カプセル)※約33日分

ホットなトウガラシが、ダイエッターや髪の毛のお悩みをサポート!

790円
平均3.5点
平均3.5点(2件)

「アシュワガンダ」と並ぶ、インドの若々しさ応援ハーブ!

1,690円
平均4点
平均4点(2件)

アイスランドのきれいな海で採れた海藻由来のヨウ素を1粒に225mcg含有!

910円
平均4.7点
平均4.7点(6件)

セントジョーンズワート 350mg

100粒(カプセル)

天然ハーブが沈みがちな気分をケア!

1,220円
平均4.5点
平均4.5点(4件)

ガラナ エナジャイザー 900mg

100粒(タブレット)※約50〜100日分

スタミナの持続と活力に!

1,420円
平均3.5点
平均3.5点(2件)

バイオペリン(ブラックペッパーエキス) 10mg

120粒(タブレット)※120日分

黒コショウ成分でより効率的な栄養補給を

980円
平均4点
平均4点(1件)

レッドクローバーエキス 500mg

30粒(タブレット)※約30日分

イソフラボン高含有のハーブで女性らしさと健康をサポート

1,340円
この商品にはまだクチコミがありません

ポメグラネイト(ザクロ)エキス 500mg

60粒(タブレット)※約15日分

エイジング&美容ケア成分がギュッと凝縮!若々しい毎日でイキイキ生活

1,270円
平均4.5点
平均4.5点(6件)

たっぷり大容量!エイジング&美容ケア成分がギュッと凝縮!

2,410円
平均5点
平均5点(1件)

ガラナ 200mg

90粒(カプセル)※約90日分

天然のカフェイン含有!ブラジル原産の先住民にも古くから愛される元気サポートハーブ

960円
平均4点
平均4点(6件)

ケルプ(海藻抽出ヨウ素/ヨード 400mcg)

100粒(カプセル)※約100日分

話題のヨウ素(ヨード)やフコイダンを始め、各種ミネラルをバランスよく含有!

830円
≪ハーブとは≫
●ハーブの特徴
ハーブは薬効のある植物、風味や香りの良い植物の総称です。主に植物の葉、茎、根及び花からなり、それを生または乾燥したものが使用されます。また、ハーブは健康に役立つ植物として毎日の生活に取り入れられてきました。たとえば中国では漢方として、ヨーロッパではアロマテラピーとして古くから利用されています。近年では、日本でも健康補助食品として様々なハーブのサプリメントが販売され、多くの方々の間で人気となっています。

●ハーブの種類
ハーブの種類は非常に多岐に渡ります。まず、有名なものだとセロリの葉・茎、パセリの葉・茎、ジャスミン、バラの花(ローズ)、ハイビスカス、バジルの葉・茎、ラベンダー、ハッカ、タイム、セージ、ハイビスカス、わさびなどがあります。

その他にも、アニスの葉・茎、ウイキョウの葉・茎、ダンディライオン、ドクダミ、ニガヨモギ、マスタードの葉・茎といったものもハーブとして知名度が高いです。

●ハーブの安全性
ハーブは用法・容量を守って正しく摂取する分には安全です。しかし、妊娠中のハーブの自己判断による摂取は注意してください。サプリメントとして摂取した場合、母体や胎児に思わぬ被害を与える可能性は否定できません。なので、妊娠中の方は摂取前に、医師や薬剤師に安全に利用できるか判断してもらうことをおすすめします。

≪ハーブの摂取方法≫
●1日の摂取量の目安
ハーブをサプリメントで摂るなら1日4〜6粒を目安に複数回に分けて摂取してください。
※1粒あたりの含有量や、推奨する摂取量はメーカーにより異なります。

●摂取方法や注意点
ハーブのサプリメントは、基本的にどのように摂取しても大丈夫ですが、食事または水と一緒に摂取することをおすすめします。通常の方が摂取する場合は、副作用などが発生することはほぼありません。過剰摂取を避けて適切に利用するなら安全だと言えます。

執筆:臨床栄養協会認定サプリメントアドバイザー 長谷川貴志
配送への影響について

G20サミット大阪開催に伴い、配送遅延や配達時間指定の不履行が発生する可能性がございます。 » 詳しくはこちら

お客さまの声
  • 商品クチコミ19,197
  • 店舗評価975
  • とても便利です。

    だいぶ前からサプリンクスさんから色々なサプリメントを注文していますが、サプリの種類も多いし、値段もリーズナブルで、配達も早いし、大変重宝しています。サプリンクスさんには感謝しています。これからも、頑張ってください。応援しています。

    50代 男性 2019/03/01

サプリメントアドバイザー常駐

サプリメントに関することなら何でもお気軽にご相談ください。

お問い合わせは日本語でどうぞTel.0120326039
サンプリンクスはここが違います
  • 1会員ランク制度(4段階)
  • 2日本語の説明書付き
  • 320年の豊富な販売実績
  • 4届いてからの後払いもOK
  • 5お求めやすいプライスを追求
  • 6Amazon Pay対応
  • 7お友達紹介制度あり


友好提携リンク


男には男のメンズサロン
「毛深い、色白、もう悩まない」 人気と安心の理由は男性スタッフ対応
≪ハーブとは≫
●ハーブの特徴
ハーブは薬効のある植物、風味や香りの良い植物の総称です。主に植物の葉、茎、根及び花からなり、それを生または乾燥したものが使用されます。また、ハーブは健康に役立つ植物として毎日の生活に取り入れられてきました。たとえば中国では漢方として、ヨーロッパではアロマテラピーとして古くから利用されています。近年では、日本でも健康補助食品として様々なハーブのサプリメントが販売され、多くの方々の間で人気となっています。

●ハーブの種類
ハーブの種類は非常に多岐に渡ります。まず、有名なものだとセロリの葉・茎、パセリの葉・茎、ジャスミン、バラの花(ローズ)、ハイビスカス、バジルの葉・茎、ラベンダー、ハッカ、タイム、セージ、ハイビスカス、わさびなどがあります。

その他にも、アニスの葉・茎、ウイキョウの葉・茎、ダンディライオン、ドクダミ、ニガヨモギ、マスタードの葉・茎といったものもハーブとして知名度が高いです。

●ハーブの安全性
ハーブは用法・容量を守って正しく摂取する分には安全です。しかし、妊娠中のハーブの自己判断による摂取は注意してください。サプリメントとして摂取した場合、母体や胎児に思わぬ被害を与える可能性は否定できません。なので、妊娠中の方は摂取前に、医師や薬剤師に安全に利用できるか判断してもらうことをおすすめします。

≪ハーブの摂取方法≫
●1日の摂取量の目安
ハーブをサプリメントで摂るなら1日4〜6粒を目安に複数回に分けて摂取してください。
※1粒あたりの含有量や、推奨する摂取量はメーカーにより異なります。

●摂取方法や注意点
ハーブのサプリメントは、基本的にどのように摂取しても大丈夫ですが、食事または水と一緒に摂取することをおすすめします。通常の方が摂取する場合は、副作用などが発生することはほぼありません。過剰摂取を避けて適切に利用するなら安全だと言えます。

執筆:臨床栄養協会認定サプリメントアドバイザー 長谷川貴志